セルフチェックで早めに気付いて適切な治療を|うつ病を見逃さない

思春期のうつ病

看護師

うつ病と言えば大人に多いと思いがちですが、実は思春期の学生でも発症することがあります。大人がかかるうつ病とは少し違いますので、その特徴を確認していきましょう。思春期は、身体の成長と共にこころが不安定になりやすい時期でもあります。そのため、うつ病の症状を見逃しやすいのですが、学生のうちからセルフチェックを受けるようにしたり、家族が何か変わった様子はないかと日頃からチェックしておくことが必要です。思春期のうつ病は、食欲や睡眠に影響するというところは大人のうつ病と同じです。急に食事をとらなくなったり、なかなか眠らない状態が続くと、うつ病の可能性があります。また、精神的に不安定な状態が続くため、大きなストレスを感じやすくなっています。学校生活でうまく周囲と馴染めないことで、引きこもったり非行に走ったりすることもあります。これらの異変に気付いたら、ただの反抗期と片付けるのではなく、慎重に判断する必要があります。

思春期にうつ病を発症すると、周りに気付かれたくないという気持ちから、周囲との関りを持ちたがらないという傾向にあります。気分が落ち込んだまま解消されないということを恥ずかしいと思ってしまったり、周りと違うということが嫌で、隠したがるというケースがみられます。対処法がとても難しいですが、明らかに苦痛を感じている様子がみられたり、学校生活に支障がでている場合などは、病院で診察を受けてみましょう。また、セルフチェックを受けるよう促すことも、変化に気付くためには大切です。うつ病ではない場合もありますが、もしうつ病だった場合は、早めに適切な治療を受けることができます。不安を解消するためにも、まずは病院で医師の診察を受けることをおすすめします。子どもの変化にすぐ気づけるよう、日頃から様子をチェックするように意識しましょう。